寿製薬の製品への取り組み

寿製薬の製品への取り組み

弊社は、お客様の製品に対するご要望やご意見を踏まえて、新しい製品や既存品の改良に鋭意取り組んでいます。

  1. 特許を有する新しい製造方法により製造した製剤 (高脂血症治療剤:フェノフィブラートカプセル67mg「KTB」および100mg「KTB」)
    ・先発品の製剤の製造方法とは異なる独自の製造方法を開発し、特許を取得した後発品です。ffb67-1ffb67-2

               フェノフィブラートカプセル67mg「KTB」
    ffb100-1ffb100-2

               フェノフィブラートカプセル100mg「KTB」

  2. 投与しやすい剤型の製剤 (高尿酸血症治療剤:ムイロジン細粒10%)
    ・細粒剤であり、錠剤に比べて投与量の適宜増減が容易です。

    mir10-1mir10-2

  3. 溶けやすく服用しやすい製剤 (胃炎・潰瘍治療剤:マーズレン配合錠1.0ES, 0.5ES, 0.375ES)
    ・独自の製剤技術(外部滑沢打錠法)により製造した、水に溶け易く服用しやすい錠剤です。
    普通の錠剤と同様に取扱いできます。
    マーズレン配合錠1.0ES
    マーズレン配合錠0.5 ES
    マーズレン配合錠0.375ES
  4. 安定性向上のためのアルミ分包への変更 (胃炎・潰瘍治療剤:マーズレンS配合顆粒)
    マーズレンS配合顆粒
    (分包0.5g)
    マーズレンS配合顆粒
    (分包0.67g)
    マーズレンS配合顆粒
    (分包1.0g)
    マーズレンS配合顆粒
    (バラ500g)
  5. より安全にお使いいただくためのPTPシートへの使用期限、製造番号の記載 (末梢性神経障害治療剤:ノイメチコール錠500μg)
    ノイメチコール錠500μg(PTP)
  6. 腸溶性製剤の開発(経口糖尿病治療剤:ジベトンS腸溶錠 50mg)
    ・腸溶性製剤とは、胃では崩壊せず、腸に移行して初めて崩壊する製剤です。胃で分解する薬物や、
    胃で溶けると胃障害を起こす薬物を錠剤にする場合、作用時間を遅くしたい場合に腸溶錠とします。
    1969年に寿製薬が日本で初めて、ジベトンS腸溶錠の製造に成功し販売を開始しました。
    当時、腸溶性コーティング機械はなく、独自のコーティング機を作り、製剤化することができました。

    dta-s1 dta-s2