社会的責任

研究倫理審査委員会:寿製薬株式会社では「ヘルシンキ宣言」および厚生労働省の「臨床研究に関する倫理指針」を遵守し、研究倫理審査委員会を設置しております。

実験動物への取り組み:寿製薬株式会社では「動物の愛護及び管理に関する法律」(昭和48年法律第105号)、「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」(平成18年環境省告示第88号)、「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本方針」(平成18年厚生省通知)および「動物実験の適正な実施に向けたガイドライン」(平成18年日本学術会議)を踏まえて、実験動物倫理委員会を設立し、動物実験の適正実施を図ります。実験動物倫理委員会は、「3Rの法則:代替試験法の採用(Replacement)、実験動物数の削減(Reduction)、苦痛の軽減(Refinement)」に則り動物実験が実施されているか確認しております。

寿製薬株式会社は治験を実施する際に、治験の倫理性、安全性、科学的妥当性を審査する中立的な組織であるIRB(Institutional Review Board 治験審査委員会)を設けており、治験を実施する場合、被験者の人権・安全・福祉及び治験の意義や妥当性といった治験計画全般を厳密に審議した上で決定し、治験開始後も実施状況の確認と継続の検討等について評価しています。

IRB 第二案