寿製薬株式会社

SDGsへの取り組み

【SDGsとは】

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
外務省HPより

sdgs_poster


【寿製薬におけるSDGsへの取り組み】

  • 創業からSDGs?
    廃棄物から付加価値を生む(杏の種から杏仁水を製造)
    長野県での生薬栽培(自然環境保全や就労機会の創出)
  • そして現在…
    革新的新薬の創出による世界の人々の健康と福祉の向上に貢献
    ジェネリック医薬品の製造販売により膨張する医療費の抑制に貢献

寿製薬では以下の項目を中心にSDGsの達成に向けて貢献していきます。

sdgs_icon_3


すべての人に健康と福祉を


質の高い教育をみんなに


エネルギーをみんなに そしてクリーンに


気候変動に具体的な対策を


働きがいも経済成長も


つくる責任 つかう責任

  • 資材調達のガイドラインを設けており、全てのお取引先様に公平・公正な評価の下、環境に配慮した上で、購買活動を行っております。
  • 工場の資源利用の削減、再利用を推進しております。また、製剤ロスの低減にも努めております。
  • 特別管理産業廃棄物に関して電子マニフェストを使用してコンプライアンス強化を図るとともに、その他産業廃棄物を低減するため分別を徹底しております。
  • 法令で規制されている有害化学物質を把握し、削減のための方策に取り組んでおります。


海の豊かさを守ろう

  • 排水時の水質チェック(BOD、pH、大腸菌群数の3項目)に努めております。


陸の豊かさも守ろう


平和と公正をすべての人に


パートナーシップで目標を達成しよう

  • 革新的医薬品創出のために企業やアカデミアとの共同研究を積極的に行っております。

sdgs_nagano寿製薬は、長野県が創設した「長野県SDGs推進企業登録制度」に賛同し、2020年4月に長野県SDGs推進企業に登録されました。
SDGsの17の目標全ての達成に向けて、以下の様に取り組んでいきます。

SDGs達成に向けた宣言書(要件1)pdf0

SDGs達成に向けた具体的な取組(要件2)pdf0

sdgs_torokusyo

2020年8月6日にホテル国際21で開催された「長野県SDGs推進企業登録制度」第4期・5期合同登録証交付式に参加しました。
sdgs_kofushiki_2交付会場で記念撮影