メディカルサイエンス室

 近年、医薬品が患者さんにもたらすベネフィットとリスクを科学的・医学的な観点から正しく判断できるような情報の提供がますます求められるようになってきており、そのため、医薬品の製品価値を高める製品ライフサイクルマネジメント(LCM)や、医薬品の適正使用に資するエビデンス創出の重要性が高まっています。
 メディカルサイエンス室設置の目的は、医療への科学的側面からの支援をより一層拡充することで、患者さんのベネフィット・リスクバランスを向上させ、製品価値の最大化に貢献することにあります。具体的には、医療ニーズに的確に応え、LCM、臨床研究、製造販売後調査等の様々な情報創造活動を科学的な側面から企画・支援し、製品教育・販売促進資材等に用いるデータ・エビデンスの創出及びそれらの情報の伝達に関する科学的な側面からのサポートを行っています。

メディカルサイエンス室