新薬開発

「新薬」と「ジェネリック医薬品」を提供できる企業へ。

 

新薬承認

1 マーズレンS配合顆粒 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎治療薬
(1968年:日本、1990年:中国、2000年:インド)
マーズレン配合錠1.0ES (剤形追加品 2003年:日本)
マーズレン配合錠0.5ES (剤形追加品 2008年:日本)
マーズレン配合錠0.375ES (剤形追加品 2009年:日本)
2 アズロキサ顆粒2.5% 胃潰瘍治療薬
(2001年:日本、2004年:韓国)
アズロキサ錠 15mg (剤形追加品 2011年:日本)
3 スーグラ錠25mg・50mg
(イプラグリフロジン (ASP1941) )
糖尿病治療薬/選択的SGLT2阻害剤
(2型糖尿病 2014年:日本、2015年:韓国、2019年:ロシア、共同開発:アステラス製薬)
(1型糖尿病 2018年:日本、共同開発:アステラス製薬)
4 スージャヌ配合錠
(イプラグリフロジン/シタグリプチン (MK-0431J) )
2型糖尿病治療薬/選択的DPP-4阻害剤/選択的SGLT2阻害剤
(2018年:日本、共同開発:アステラス製薬・MSD)
5 ゾスパタ錠40mg
(ギルテリチニブ (ASP2215) )
抗悪性腫瘍剤/FLT3阻害剤
(2018年:日本・米国、開発:アステラス製薬)
 
八重枝垂桜
 

 

開発品目(2018.12.21)

1 ASP2215  (giliteritinib) ①開発段階:欧州・アジア/フェーズⅢ
②対象:急性骨髄性白血病
③開発:アステラス製薬
2 S-556971 (KT6-971) ①開発段階:日本/フェーズⅡ、欧州/フェーズI
②対象:脂質異常症
③開発:寿製薬
3 KT7-533:α-C-Galactosyl Ceramide (フェーズI 準備中:導出済み)
 

 

中圧液体クロマトグラフィー

中圧液体クロマトグラフィー